ぺちゃぱいとさよなら!?小さな大豆をあなどるなかれ

バストアップに効く食べ物として一番有名なのは、大豆製品ですよね。

その大豆製品の有効成分である「大豆イソフラボン」の名前を聞いたことがある人も多いでしょう。

味噌汁や豆腐、おからに納豆、これらはどれも大豆製品であり同時に、私たち日本人になじみの深い和食、のメニューでもあります。

サプリメントや人工物ではなく自然の食品から摂ることは、安全性の面だけでなく消化吸収の効率も高くおすすめです。

ところで大豆イソフラボンはなぜ、バストアップに効くのでしょうか。

それは大豆イソフラボンとエストロゲンとの関係にあります。

バストアップには乳腺の発達と、乳腺の周りに脂肪が程よくつくことが必要です。

この乳腺の発達を促す女性ホルモンがエストロゲンなのです。

しかしその分泌量は加齢(成熟)と共に減少してくるので、大人になってからはエストロゲンに頼ったバストアップは難しいのです。

大豆イソフラボンは、このエストロゲンと似たような働きをする成分です。

それによって乳腺の発達が促され、乳腺を守るように脂肪が付き、バストアップにつながるのです。

バストアップだけでなく、骨粗しょう症の予防や便秘の解消など女性には嬉しい効果がいっぱいです。